更年期の過ごし方:より良い未来のために出来ること

0
    女性なら誰でも迎える「閉経」。 閉経とは、月経が1年間ない状態が続き
    完全に月経がこなくなった状態のことです。

    近年では、閉経を迎える時期が早まっていますが、
    平均的には50前後で閉経を迎えます。

    閉経間近になってきますと、
    体の中では卵巣機能の衰えからエストロゲンが
    急激に低下し。脳が混乱を起こし。
    自律神経が乱れ様々な障害がおきてきます。




    その症状が
    家事や日常生活。仕事にまで支障をきたす状態を
    「更年期障害」といいます。


    《更年期障害の主な症状》


    無気力。不眠。憂鬱。耳鳴り。不定愁訴。
    ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)。めまい。
    不安感。イライラ。吐き気。肩凝り。腰痛。



    この更年期障害を防ぐには、
    生活リズムや食生活を見直していく事が重要となります。


    更年期世代は、
    更年期障害以外にも。成人病等。
    様々な病気が気になってくる年令でもあります。

    生活習慣の見直しは、
    この先健康を維持していくうえでとても重要になります。



    ☆生活リズムを整える

    睡眠と覚醒のリズムを正していく。
    朝は。
    しっかりと日の光を浴びて脳を目覚めさせ。
    夜は。
    ゆったりと湯船につかって。身体を温めて
    脳をリラックスさせ眠りにつきましょう。
    生活リズムを整えることによって
    女性ホルモンの分泌も高 まります。


    ☆食を見直す

    女性ホルモンを作る食品を積極的に。
    【女性ホルモン代替え食品】
    豆腐。豆乳。納豆。ほうれん草。ごま など

    その他ホルモンの元となる
    コレステロールの合成を促進する
    マグロの赤みのやまかけもオススメです。


    ☆趣味を持ったり友人と楽しい時間をもち
    楽しい時間を過ごすことも大切です。


    《更年期ケアアドバイス》

    ○スキンケア…
    深いシワ。たるみ。色素沈着等のトラブルを
    解消するトリ-トメントを。
    50代のケアの仕方で60代に差がでてきます。


    ○ボディケア・サロンケア…
    血流。水分。リンパの流れを促すトリートメントを。
    また漢方アロマで体質改善。


    ○運動 ストレッチやウォーキング等
    適度な運動する習慣をつけると、
    ホットフラッシュを予防し。
    カルシウムの吸収も助けます。
    良い睡眠にもつながります。


    ○食事…
    骨粗鬆症の予防として。
    乳製品。カルシウム摂取しましょう。
    カルシウムは骨を丈夫にするだけではなく、
    精神を安定させる働きもあります。
    コレステロールの高い食品は控え、
    抗酸化作用の高い食品で、
    老化や病気の元となる活性酸素を除いていきましょう。







    いつもありがとうございます

    ----------
    当サロンの公式サイトもご覧下さい。
    お茶室エステ「四季ぼーて あん、そあん」
    サイトURL:https://unsoin.com
    TEL : 0465-25-2415
    神奈川県小田原市国府津2765-3
    営業時間:10:00〜21:30
    定休日:水曜日/第1・3火曜日
    ※完全貸切予約制
    ----------

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:664 最後に更新した日:2019/04/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM