燃焼した脂肪はどこへ行くのか?の化学

0
    いきなりの化学反応式です。


    CH3(CH2)14COOH + 23O2→ 16CO2 + 16H2O
    脂肪(パルミチン酸の燃焼)



    今日は脂肪燃焼(分解)の化学です。




    さて脂肪燃焼(分解)の化学。


    脂肪はまず
    グリセリンと脂肪酸という物質に分解されます。


    グリセリンは十二指腸から腸管に廃棄され。
    脂肪酸はエネルギー産生のため酸化され。
    二酸化炭素と水とエネルギーに分解され。


    二酸化炭素は呼吸で。
    水は汗または尿として放出されます。


    つまり燃焼(分解)された脂肪は。
    水と二酸化炭素とエネルギー(熱量)になって。
    体外へ排出されます。






    また、燃焼。燃焼と言いますが。
    脂肪細胞で脂肪が燃えているわけではないんですね。


    燃焼というのは=酸化。
    酸化と同じ意味です。
    脂肪酸からエネルギーを取り出す際に酸化されるのを
    燃焼と言ったり呼んだりしています。


    また、
    脂肪細胞で脂肪酸に分解され、血液を介して。
    筋や心臓など全身にいきわたり、そこで
    エネルギー(熱量)となります。




    以上。
    知っているようで案外知らない(よく聞かれる)
    体脂肪の燃焼(分解)の化学でした。


    ちなみに脂肪の燃焼には
    ・有酸素運動
    ・筋トレ
    ・リンパケア
    ・カフェイン
    ・香辛料
    ・タンパク質
    などがオススメです。




    あんそあんでは

    スリム静脈リンパ 好評です(*'▽'*)
    90分 10000


    またキャビラジも 人気です
    ・キャビテーションで脂肪の分解
    ・ラジオ波で排泄
    …で徹底アプローチ!

    120分 10000
    60分 5000


    ぜひぜひ
    この季節からはじめましょ!







    ----------
    当サロンの公式サイトもご覧下さい。
    お茶室エステ「四季ぼーて あん、そあん」
    サイトURL:http://unsoin.com
    TEL : 0465-25-2415
    神奈川県小田原市国府津2765-3
    営業時間:10:00〜21:30
    定休日:水曜日/第1・3火曜日
    ※完全貸切予約制
    ----------

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:686 最後に更新した日:2019/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM